ラーメン店巡り、肉食日和に耐えるファンデのポイントは?

グルメの季節、そして宴会の季節。
気になるのは、同僚とでも、女子会でも、そして合コンや彼氏と一緒の時も、ひとときも崩してはならない顔の肌。
そこで今回は、ラーメン店巡りや肉食メインの日の店内環境?食べ物のくみあわせでも、ずっと涼しい美肌でいられるファンデのポイントをご紹介します。

【まずどんなアイテムから選んだらいいの?】
多くの人は、ファンデと下地にだけ注目しがちですが、ちょっとまって!
油ものをたべながら、かつ脂がたくさん店内に揮散したような環境が長時間続くときには、肌の環境ストレスが、普段の数倍なのです。その上で、厚いスープで毛穴が・・・など、オフィスのランチタイムにはまずありえない条件がそろってしまいます。
そこでまず基礎化粧品から、ちょっとつけ方を変えてみましょう。
日頃の化粧水を丹念に、しっかり吸わせながら2回着けしたら、いつもよりもすこし少なめのクリームを全体に行きわたる位に。
クリームを塗った後数分で馴染んだら、ティッシュでよく叩くように油分オフします。
その上で、下地をぬり、数分たったあとからまたティッシュオフして、ファンデを塗りこみます。これだけでもかなり崩れにくさがUPします。

【そのほかの注意点は?】
お店に行く前の、メイクレタッチは必須。
もし仕事が終わってからの時間帯なら、化粧直しの都度パウダーが足されていくので、撚れや、汗流れの原因になります。
いつもメイクなおしの時、粉を大量に盛る癖があるゾーンは、いったん拭き取りタイプクレンジングなどでオフしてから、ベースから付け直しましょう。
ほんのちいさなことですが、長く顔を合わせているみなさんに対しても、ずっとスキのない、美しい印象が続きます。

ラーメン店巡り、肉食日和に耐えるファンデのポイントは?