ガムテープの脱毛がいけない理由

ガムテープの脱毛がいけない理由

昔から脱毛方法として存在している方法。それはがむてーむで無理やり毛を抜く方法です。
確かに多くの毛を抜くことはできますが、この方法やっぱり危険ですし、体にもいい方法ではありません。
では、どんなふうに悪いのでしょうか?

1 そもそも肌に大きなダメージが残る
ガムテープは当然に粘着質のものですから肌にそれが付いた状態で無理にはがすと、肌を傷つけます。
無理にはがした結果、肌が炎症をしたり、出血や毛が埋没したりなど色々な症状を引き起こす原因です。
他の方法のほうが肌を傷つける危険性が少ないものもあるので、この方法よりも別の方法を選びましょう。

2 すごく痛い
やはり、この点は大きいと思います。一気に多くの毛を無理やり抜くのですから当然痛いです。
痛いだけならいいのですが先に書いたようにいろいろな面で悪くするようなケースもあります。
やはり無理にやるのは体に悪いですね。

3 しっかり抜けない
もちろん毛もしっかり抜けません。 勢いで抜くのはいいのだけど、途中で毛が残ってしまって毛の抜けがまばらになってしまいます。
しっかりとした方法で毛をまんべんなくとってしまってきれいにしたほうが結果的に肌にも手間的にも有益です。
ガムテープでやった方が速そうだしお金もかからないかもしれませんが、色々な面で体に悪いのでその他の方法で脱毛をしっかりと行ったほうがはるかに効率的で痛くないでしょう。

こういった面を見ても、やはり脱毛はプロの手に任せるのが一番です。
信頼できる脱毛サロンを探して、しっかりとしたアドバイスをもとに、正しい脱毛を行うことが、長い目をみて、効率的と言えます。
もしも浜松エリアで脱毛をしたいとお考えの方は、下記のサイトが大変役立ちますので参考にして見てください。
浜松の脱毛サロンランキングサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です